top of page

写真インタビュー見出し

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

 ​Interview

建設業というと、男性が主軸となる、堅いイメージはありませんか? 当社は男女問わず、女性も現場と関わりを持てるような環境作りを志してきました。希望があれば資格取得の機会を提供し、全社員がスキルアップしながら、やりがい・働きやすさ・相互理解を持って仕事を進めています。先輩社員の声をお聞きください。

人が育つ環境と、会社の信用が作り上げてきた働きやすさが魅力。

011.jpg

人材が流動しやすい建設業界にあって、榊原建設は人が定着しやすい職場だと思います。いわゆる縦型社会のぎこちなさがなく、上司・部下の関係があってもコミュニケーションがしやすい。施工管理ひとつとってもグループ各社に担当がいますが、情報交換がしやすく業務を円滑に進められています。

私たち施工管理の仕事でいうと、管理に至るひとつひとつの作業を経験しながら、階段を登るように着実にステップアップできるのも魅力ですね。人と人とが関わり合ってひとつのことを完遂する仕事ですから、作業員それぞれとの相互理解ができて初めて質の高い仕事ができる。実務に根ざした監督業ができる榊原建設の仕事は、他社と比べても引けを取らないレベルだと実感しています。

我々の業界は信用が第一です。信用があるからこそ、お客様や外部業者とも気持ちよく仕事をすることができます。そういった意味で、働きやすい土台を育んでくれた会社には本当に感謝しています。日々の業務をメリハリをつけてコントロールできるから、家庭やプライベートの両立がしやすいですね。社用車が1人1台与えられるなど、福利厚生もしっかりしています。榊原建設は質の高さと働きやすさが共存する、人が育つ職場です。

012.jpg

子どもが急病のときでも助け合える、女性にとって安心の職場です。

建設業界というと、残業があって不規則な働き方が当たり前というイメージ。それに総務経理は仕事柄、請求業務のある月末月初は忙しいけれど、それが終わってしまえば暇、という職場もあると思います。そんな中、榊原建設の仕事は、忙しいときはグループ各社で助け合って仕事を処理し、一般的なノンコア期間は現場の方々のサポート業務を行う。毎日緊張感がありながらもきっちり定時で帰社できるから、オンオフの切り替えがしやすいですね。

004.jpg
005.jpg
002.jpg
001.jpg

総務経理には現在、グループ全体で約10名の社員が在籍しています。それぞれ業務内容は違うものの仕事の大きな流れは同じですから、相談や情報交換がしやすくて。子どもが急病にかかったとき、あるいは介護の必要な家族を病院に連れていなかければならなくなったときなども、お互いの業務をフォローしあえる体制が自然と生まれています。グループ内には勤続20年の方もいるんですよ。それでも分け隔てなく、仕事や、時には働き方やプライベートの相談までできてとても助かっています。

私たちのように内勤がメインの仕事でも、土木建築の資格を取る機会をいただけるのもうれしいポイントです。仕事と家庭を両立しながら勉強をするのは大変ですが、業務面も給与面でも努力が評価されるから、やりがいがありますね。ライフステージに合わせていろいろな変化がある女性でも生涯働ける、本当に心地よい職場だと思います。

bottom of page